街の記憶

ずっとあるなんて、きっとない

港区新橋一丁目

港区新橋一丁目、電話ボックス、郵便ポストのごっちゃり感。

板橋区高島平六丁目(番外編)

番外編。街区表示板があったかもしれない場所(糊の跡)。

板橋区高島平六丁目

倉庫が多いということはトラックも多いということ。

板橋区高島平六丁目

これは古いタイプの様子。

板橋区高島平六丁目

軒下からおはようございます。

板橋区高島平六丁目

この辺りも古いものと新しいものが混在。

板橋区高島平六丁目

焼ける空と二分割。

板橋区高島平六丁目

室外機もよい被写体だと思った。

板橋区高島平六丁目

倉庫や運送会社が目立つ。

板橋区高島平七丁目

日差しに隠れて。

荒川区西尾久八丁目

あらかわ遊園の通り。

台東区浅草二丁目

年が明けてすぐ。

台東区谷中二丁目

板塀にときめく。

千代田区神田和泉町

何屋さんかわからないお店。

千代田区神田和泉町

煉瓦の壁に。

台東区台東一丁目

台東の台東だが役所があるわけではない。

台東区上野公園

ホームに帰ってきた感がある。

港区高輪一丁目

横向きに伸びる蔦。

港区高輪一丁目

保育園もある。

港区高輪一丁目

静かさは、街自体が部外者を拒んでいるようにも感じる。

港区高輪一丁目

地図上で見ると区画が整理されている印象を受ける。

港区高輪一丁目

フェンスの奥は港区立高松中学校の敷地のようだった。

港区高輪一丁目

港区高輪一丁目、あの「とらや」とは関係がないらしい。

港区高輪一丁目

こちらは地域独自っぽい。

港区高輪三丁目

お米屋さんの軒先で応急処置がなされていた。

港区高輪四丁目

この辺り一帯が台地になっているのがわかる。

港区高輪四丁目

角地とはこういうこと。

港区高輪四丁目

土地としての歴史は建物を見てもわかる。

品川区北品川六丁目

私有地っぽいけど多分公道。

品川区北品川六丁目

崖下を見下ろす。

品川区北品川六丁目

どのぐらい古い建物(の土台)なんだろうか。

品川区北品川六丁目

港区との境目の辺りは起伏が激しい。

港区高輪四丁目

旧タイプ広告付きもあった。

港区高輪四丁目

家の造りが違う。

港区高輪四丁目

御殿山登ったところ。

品川区北品川五丁目

カーブミラーの効果について。

品川区北品川五丁目

行き止まりでした。

品川区北品川五丁目

住宅街とビル。

品川区北品川五丁目

住宅街だからブロック塀もある。

品川区北品川四丁目

住宅街であった。

品川区北品川四丁目

原美術館の近く。

台東区向島三丁目

雰囲気のよい角。

台東区向島二丁目

秋のコントラスト。

台東区今戸一丁目

台東区今戸一丁目、スカイツリーと。

台東区東浅草一丁目

紙洗橋は暗渠に掛かる橋。 昭和四年に竣功したようだ。来歴の書かれた石板には東京市の名前が残っている。

台東区日本堤一丁目

キャンバスに街区表示板も取り込まれていた。

台東区日本堤一丁目

あしたのジョーの舞台が近いいろは会商店街の辺り。

台東区日本堤二丁目

これまで縁のない街でも懐かしさを感じることがある。

台東区日本堤二丁目

秋のかけらを拾った。

新宿区愛住町

古い街区表示で見かける広告のオテキ動物病院は本塩町にある。

© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO