街の記憶

ずっとあるなんて、きっとない

街区表示板

街と街の名前

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

なぜか2枚。

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

都営荒川線の踏切。

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

京成本線の高架下はなにやら工事中。

荒川区西日暮里三丁目の閑地 (2018年2月10日)

街区表示板と閑地のセット。ここも、どんな建物があったのか思い出せない。

荒川区西日暮里三丁目と台東区谷中三丁目 (2018年2月10日)

区界になる路地を歩いていたことが発覚し興奮する。

台東区谷中三丁目 (2018年2月10日)

13番地、14番地、15番地。と、おばあちゃん二人。

荒川区南千住二丁目 (2018年1月27日)

雪のあと。 実は撮影自体は2度目なんだけど、採用していなかったらしい。

荒川区東日暮里一丁目 (2018年1月6日)

街区表示板に一瞬見間違う右のものは、よく見ると防犯啓発看板だった。

台東区竜泉一丁目 (2018年1月6日)

メーター、配線、室外機、電信柱、路上園芸のごった煮。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

この写真の右側は恵比寿ガーデンプレイス。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

ポストの赤に目が行く。ここまで結構歩いた気がするけど、恵比寿四丁目の3枚目。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

こちらは広告付きのタイプ。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

お店の装飾が個性的。ここから暫く恵比寿四丁目の写真(もちろん番地は違うけど)。

渋谷区東三丁目 (2018年1月5日)

薄いピンクの白い花。

渋谷区東二丁目 (2018年1月5日)

白壁に映える。

渋谷区恵比寿二丁目 (2018年1月5日)

路上園芸と街区表示板。

渋谷区代々木五丁目 (2017年10月8日)

代々木八幡宮の裏。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

カーブミラーに貼り付けられたタイプ。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

配管とエアコンの室外機もポイント。日本語学校の看板も面白い。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

広告付きのタイプ。

台東区上野桜木二丁目

古い街区表示板も見つけることができた。「パティシエ イナムラショウゾウ」の近く。

台東区上野桜木二丁目

22番地と21番地の境目。上野桜木といえば台東区の高級住宅街にあたるんだけど、懐かしさを感じる部分も残っている。

大田区中馬込二丁目

環七通り沿い、周りは住宅街。

埼玉県南埼玉郡宮代町笠原一丁目

こちらも東武動物公園へ向かう途中。

埼玉県南埼玉郡宮代町中央三丁目

東武動物公園へ向かう道すがら。紫色は初めて見た。

荒川区東日暮里五丁目

テニスコートの金網。

渋谷区神宮前四丁目

レンガでお洒落な感じに。

荒川区西尾久六丁目

歴史のありそうな建物。

台東区根岸二丁目

取り残された街区表示板。

中央区銀座五丁目

レンガと標識がよいアクセントになっている。奥に見えているのは銀座三越。

© 2012-2018 Daisuke YAMAMOTO