街の記憶

ずっとあるなんて、きっとない

東京都

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

なぜか2枚。

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

都営荒川線の踏切。

荒川区荒川七丁目 (2018年2月11日)

京成本線の高架下はなにやら工事中。

荒川区西日暮里三丁目の閑地 (2018年2月10日)

街区表示板と閑地のセット。ここも、どんな建物があったのか思い出せない。

荒川区西日暮里三丁目と台東区谷中三丁目 (2018年2月10日)

区界になる路地を歩いていたことが発覚し興奮する。

台東区谷中三丁目 (2018年2月10日)

13番地、14番地、15番地。と、おばあちゃん二人。

新宿区四谷の螺旋階段 (2018年2月8日)

メンテナンス中。

墨田区業平の閑地 (2018年2月4日)

スカイツリーの近く。何があったかは全然憶えていない。

台東区根岸の境界標 (2018年1月28日)

目に留まる「杭」の赤文字。この下に境界標がある、ということらしい。

荒川区南千住二丁目 (2018年1月27日)

雪のあと。 実は撮影自体は2度目なんだけど、採用していなかったらしい。

台東区日本堤の閑地 (2018年1月27日)

目印にもなっていた建物が今年になってなくなっていた。

荒川区東日暮里一丁目 (2018年1月6日)

街区表示板に一瞬見間違う右のものは、よく見ると防犯啓発看板だった。

台東区竜泉一丁目 (2018年1月6日)

メーター、配線、室外機、電信柱、路上園芸のごった煮。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

この写真の右側は恵比寿ガーデンプレイス。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

ポストの赤に目が行く。ここまで結構歩いた気がするけど、恵比寿四丁目の3枚目。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

こちらは広告付きのタイプ。

渋谷区恵比寿四丁目 (2018年1月5日)

お店の装飾が個性的。ここから暫く恵比寿四丁目の写真(もちろん番地は違うけど)。

山手線 (11) 庚申道ガード (2018年1月5日)

レンガから結構な年代を感じる。

渋谷区東三丁目 (2018年1月5日)

薄いピンクの白い花。

山手線 (12) 四反町ガード (2018年1月5日)

ガードの雰囲気も好きなのです。

渋谷区東二丁目 (2018年1月5日)

白壁に映える。

渋谷区恵比寿二丁目 (2018年1月5日)

路上園芸と街区表示板。

渋谷駅工事 (2018年1月5日)

山手線ホームからの眺め。

渋谷区代々木五丁目 (2017年10月8日)

代々木八幡宮の裏。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

カーブミラーに貼り付けられたタイプ。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

配管とエアコンの室外機もポイント。日本語学校の看板も面白い。

渋谷区富ヶ谷一丁目 (2017年10月8日)

広告付きのタイプ。

上野公園の境界

上野公園の園界とJRの境界。

昭和記念公園の埋設標示

昭和記念公園の埋設標示。手前から、高圧、低圧、弱電、上水、散水。

中央区の境界

中央区区章付きのタイプ。

© 2012-2018 Daisuke YAMAMOTO